トモダチ三百にん、と。 ~350~

「長いようで短かった」なんてよくいうけど、あの1stワンマンは遙か昔のことのようで、長いようで長い3ヶ月間だった。

First,ボウリングオフ会は最高だ(なぜそこから)

あんナイト予選。100回記念のライブ、届かなかったポイント、と、与えてもらった出場枠。
混沌としたフロアはめっちゃ楽しかったなあと思い出すところ。

marbleに帰ってきた本戦。同じ会場、それも早い時間で入場規制をかけたゼアゼア。「また出させていただいたときには入場規制をっ」と3人の誰かが話したのを覚えています。常に比較され続けるアイドルの宿命でしょうか。それでも予選を、勝ち上がるだけの力を見せつけたと思ってる。ハロウィンの猫コスありえんかわいかった(うんうん)

この間に入る10月中旬ちょっとキツそうだなって見てて思ってた。今振り返ると2ndワンマンも伸び悩んでいた頃かな?
自分が行ったとこだと池袋シアターYESとCreAtoのDDDのとき。でも、心配しすぎるのもダメだなあと思わされたりね。
心配かけてごめん、なんて言わせちゃダメよね。

あ、あと、りのタソのRTでみかけた、そこのグループのオタクはとっとと物販に行け、溜まるなっていうやつ、すごく思う節があって。
きっとアイドルなりSSWなりも知ってるオタクと話すのは楽なんだろうけど、その時間で新しい一人にフライヤーを差し上げて、まあその方がこの先ファンになるかどうかは置いておいて、とにかく知ってもらわないと!
最近は並行のときはフロアに戻ったり、終演後のときはすみっこでこっそりしてたりする(他のグループから無銭がっつかれすることを目論みながら←)

一ヶ月前の地球のすみっこパーティーvol.3でもう一度弾みをつけて、そこからはあっという間。

絶対ステージに穴を空けないって、ほんとすごいよ。大事なこと。その日しか見れないお客さんがきっといて、その毎回がチャンスだから。
決して仲良しごっこではないね。


まわりの方の予約状況なんかを聞いていると200は超えてきていると!

定刻のスタートにはフロアはいっぱい!
耳に馴染んだ曲と楽しい時間がドンドン流れていきます。
(本編のレポートはみなさんご存知素晴らしいそれをお書きになる方がいらっしゃるので私はさらっと)

会場に前行ったときに感じていたこと。

三百にん入らなくてもその半分でも見た目いっぱいになるだろうな。
それで、満足してほしくないなって。

「ソールドアウトしたら静岡からお母さんを呼ぼうと思ってたんですけど、できなくて、、」
さすが、最高の推しだよ。
その飽くなき向上心から元気を勇気を夢をもらってるよ。

でも!今回の2ndワンマンは大成功であったことは間違いないと思う。半年で100人を集めたところから、3カ月でさらに100人集めたって思えば!伝わってるんだよちゃんと!

労いたいです。
またボウリングいきましょう(ちがう
ふたりでもいいです(かえれ

やっとやっとの、1stアルバムPit Put Circleを聞きながらぐわーっと文字を並べてきましたが、出逢いの地で聴いたこの曲が何度聞いても刺さります。2Aメロで手掴んでくれてありがとう。

"私の居場所はここだから"

よろしくどうぞ